2008年11月30日

ちょっとした工夫で

PB290009.JPG

露地のアスパラが倒れないように引いたヒモ。
一つの畝に、最低2本。
多いところで、4本〜6本。
計算してみたところ、
全てのヒモをつなげると、おおよそですが、
10qくらいはありそうです。

町の鉄工所で、廃材となっていたプラスチックの糸巻き。

PB290011.JPG

これをいただいてきて、10qに及ぶ紐を巻きつけています。
紐は再利用します↓

PB290012.JPG


さてこの糸巻き。
昨日までは手作業で巻き取っていましたが、
今日はなんと!画期的な技術が導入されました。
それが、一番上の写真です。

糸巻きの芯に、少しだけ細工をした鉄の棒を差し込み、
ドリルドライバーで、ウィ〜〜〜ンとやれば、
お見事!
掃除機のコードを回収するように、
あっという間に紐が巻き取れます!

考案して、ちょちょいのちょいと細工してくださった、
鉄工所の専務さま。
感謝です!
すごいです!
ちょっとした工夫でうんと効率アップしましたよ〜
ありがとうございますっ!(涙)

そして、
陽が高くなり、霜が溶けて、
田圃のようにぬかるんだ畑に、足を取られながら作業は続きます。
「大リーグ養成圃場だ・・・」
と心の中でつぶやき、自分を励ましつつ。
重くなった長靴を引きずり一歩一歩・・・。

PB290013.JPG









posted by NshihataHL at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | アスパラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
当初の予定では私も、この糸巻き作業の、お手伝いをしていたのでしょうか・・・来年こそ、遊びに(手伝いに)行けるといいな〜(^^)
Posted by CHIE at 2008年12月01日 18:21
そうかもしれませんね〜(^^
来年の4月になれば、アスパラの収穫がありますよ〜
Posted by 管理人 at 2008年12月04日 07:22
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。