2008年12月16日

じゃがいもの新しい使い方

PC150162.JPG

忘年会シーズン。
少しおごってすき焼きに。

ところで、すき焼きに「じゃがいも」を入れると美味しい。
時間がたつほどに味がしみて、幸せな味わい。
翌日は、当然、肉じゃがとして食卓に。

この間は、チゲなべにも、じゃがいもを入れてみた。
韓国のレシピでは普通に入っているらしい。
濃い煮汁が、イモにしみ、うまい。
これも発見。

「カレーなべ」は、今年はまだ登場していないが、
もちろん、じゃがいも入りで楽しむつもりだ。

こうして考えると、
濃い味付けの、煮込みに近い鍋料理には、
じゃがいもが案外活躍する。

そして、
煮込み系には、やっぱり「メークイン」がおすすめ。
長く煮ても、ぐずぐずになって、消えてしまうことがなく、
じゃがいもとして楽しむことができる。

寒いシーズン。
じゃがいも入り、煮込み系鍋であたたまるのはいかが?






posted by NshihataHL at 07:03| Comment(2) | TrackBack(0) | おいしいものもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おいしそう〜〜〜〜〜♪
じゃがいもはアンチエイジングにいいんだよねー?確か。
私も今度、鍋に入れてみようっ!
Posted by CHIE at 2008年12月16日 21:17
なんと!アンチエイジングに??ビタミンCが豊富だからかな?フランスでは「畑のリンゴ」とも呼ばれているらしいですよ。冬の間に美白効果!でしょうか〜
Posted by 管理人 at 2008年12月17日 06:42
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。