2009年01月11日

食材探訪その3 バラフ

最近、気になっていた食材をデパ地下でゲット。
「バラフ」「アイスプラント」などと、呼び名も様々ですが・・

P1120109.JPG

葉の表面にプチプチした水疱があり、
全体に、ごわごわとして、葉に厚みのある多肉植物。
口に入れると、このプチプチが感じられ、
まるで子持昆布のような食感。
噛むとうっすら塩味がします。

なんといっても、この野菜。
長期保存でも、しおれないのがすごい。
多肉植物だから、乾燥に強いのですね。
生で、サラダや肉料理の付け合わせに、
しおれにくい緑の野菜は、飲食店では重宝するのではないでしょうか?

南アフリカ原産。
土中のミネラルを吸い上げる吸塩植物で、
もともとは、塩害対策に導入されたという話です。

むむ。
逆に、ミネラル不足の畑に、この植物を鋤き込むとどうだろう??

・・などと、
野菜を前に
あれこれ考える冬の夜長。






posted by NshihataHL at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | おいしいものもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。