2009年12月04日

大豆 その2

鞘から飛び出した大豆。
今度は、枝や葉を取り除く作業。
息を吹きかけると、重い豆を残し、ごみは飛び去ります。

@PC031165.JPG

APC031166.JPG

BPC031167.JPG

CPC031168.JPG

しかし、たくさんあるので、これでは間に合いません。
ここで、昔は「とうみ」を使っていたとのこと。
「とうみ」はないので、、、

PC031171.JPG

↑ブロワーで風をおくってみました。

そのほか、風の強い日に、高いところから少しずつ豆を落とし、ごみだけ飛ばす!
という方法もあるそうです。

鞘や枝など、残ったくずは、ストーブの焚きつけに・・
うーむ。
何一つ、無駄になるものはありません。
昔の農業はすごい・・








【関連する記事】
posted by NshihataHL at 00:00| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 大豆 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。