2010年02月21日

未来の食卓

P2211790.JPG

ずっと観たいと思っていた映画「未来の食卓」。
帯広で上映が始まったので、さっそく観に行きました。

「学校給食と高齢者の宅配給食をすべてオーガニックにする」
フランスの小さな農村でチャレンジした試み。
子供たちの変化、
親たちの変化、
農家の変化などが、
のどかな農村の風景とともに描かれています。
そして、合間に次々と報告される、健康被害などの恐ろしいデータの数々。
子供たちの笑顔や、牧歌的な風景とのあまりの落差に、
いいしれぬ切迫感を、感じました。

勇ましい「オーガニック応援歌」を作り、子供たちが歌うあたりは、
さすがに、革命の国フランスらしいな〜と思いましたが、
ひょっとすると、これは本当に「革命」なのかも知れません。

「経済ではなく、良心を優先させなくてはならない。」
という村長の言葉が印象的でした。

帯広では、3/5まで上映中です。



posted by NshihataHL at 22:00| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ちょっと考えたこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。