2010年06月10日

せんねん灸登場

P6100707.JPG

恥ずかしながら・・
除草作業を張り切り過ぎて、手首の腱鞘炎になってしまいました。
情けないことに、
一時は文字もまともにかけず・・
ご飯をよそう時にも「うう・・・」とうめき声を上げる始末(笑)
普段何気なく使っている筋肉のありがたさを痛感した次第です。

さて、腱鞘炎。
はじめは消炎鎮痛湿布を貼っていたのですが、いっこうに良くならず。
そこで試したのが、上図の「せんねん灸」
なんとこれが、一番効きました!

ネットで調べた腱鞘炎に聞くツボ。
奥が「手三里」(てさんり)
手前が「孔最」(こうさい)
というそうです。

肘から下が、じーんとあたたまり、
気のせいか血の巡りがよくなったような。
痛みもずいぶんやわらぎました。

ビバ!東洋医学です。




posted by NshihataHL at 22:00| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | ファームライフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。