2010年08月18日

結果は遅れて現れる

P8181145.JPG

上清水のハウスの様子。
去年の今頃と比べて、アスパラが青々と茂っています。
辛抱強く虫をとり続けてきたこと&網戸の効果で、
虫の総量は確実に減っているようです。
思えば、昨年からの地道な作業のたまもの。
虫取り隊ありがとうございます!!

土壌改良にしても、
アスパラ株の生育にしても、
結果は遅れて現れます。

人の細胞は3カ月くらいで入れ替わると聞いたことがありますが、
土づくりは3年かかるといいます。
人間は、せいぜい100年位のスパンでしか、ものを考えられないのかもしれませんが、
樹齢3000年の屋久杉は、数千年のスパンで世界を見ているのでしょう。

「時間の物差し」って、実は一定ではないのかもしれません。
大人の時間の長さと、子供の時間の長さも違うだろうし・・
さまざまな種類の「時間の物差し」が、いっぺんに存在するから、
話がややこしくなるのだろうし、また面白くもなるのでしょう。

おっと、いろいろ考えてしまいました。。


posted by NshihataHL at 00:00| 北海道 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | アスパラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。