2010年08月19日

チーズ工場見学

P8191153.JPG
「十勝」と聞くと何を連想しますか?
というアンケート。
一番多かったのが「チーズ」という答えだったそうです。

この日は地域婦人部の研修会で、
明治乳業の十勝チーズ工場見学に参加しました。
2008年にできたというこちらの工場は、最新の完全オートメーション。
広大な工場なのに、働く人は数人!?
驚愕です。

P8191151.JPG
実は、清水町とのかかわりは深く、
戦前、明治乳業の北海道でのチーズ作りは清水町から始まったとのこと。
これまたびっくり!

人気のない、静かな静かな工場で、
「はあ〜すごいね〜」と口々にため息をつきながら一回りした後は、お待ちかねの試食タイム。
P8191155.JPG
こちらの工場で生産している
モッツァレラ、ゴーダ、チェダーの3種類のナチュラルチーズと、
製品として販売されているプロセスチーズ「十勝スマートチーズ」を試食。
・・ところで、プロセスチーズというのは、ナチュラルチーズを原料に作られるそうです。

他にも、なるほど情報がたくさん。

北緯40度から55度は、発酵ラインと呼ばれていて、
世界でも、チーズやワイン、ビールなどの産地が多いそう。
十勝は北緯43度。
もちろん発酵ライン上。

また、チーズが脳卒中の予防につながるとの最近のデータ。
6Pチーズひとかけらで、コップ一杯の牛乳分のカルシウムがとれるそうですよ。

いろいろ勉強になりました。
予約をすれば、何人でも無料で見学できるそうです。
東京から来た子供さんもいましたよ。


posted by NshihataHL at 00:00| 北海道 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 町の風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。