2010年11月07日

海・空・大地を堪能!

週末、「北海道中小企業同友会帯広支部・第3回地区交流会」へ参加させていただきました。
今回お邪魔しましたのは、南とかち、大樹町と広尾町。
題して・・
「地域再発見!南とかちの魅力をお届けします!〜大樹・広尾を巡る魅力再発見ツアー〜」
十勝管内の企業や商店の経営者さん方とともに、最新型の広尾町バスに乗り込み出発!!

最初に訪れたのは、雪印乳業大樹工場。
PB061835.JPG←白衣に着替えて見学。
全国のスーパーで見かけます、おなじみの雪印さんのカマンベールチーズ。
なんとその100%が、ここ、大樹工場で製造、出荷されるそうです!
さらにその、原料乳はすべて地元、大樹町と広尾町の酪農家さんより受け入れしているとのこと。
雪印さんのカマンベールチーズ。
おそらく、一度は口にされたことがあると思います。
本州にお住まいの方は、大樹町も広尾町も初めて聞く名前かもしれませんが、
知らないうちに、両町の酪農家さんと繋がっていたのですね・・
そんなことを想像すると、ちょっと楽しくなります。

ランチは、地元の食材を使った「母さんごはん」をビュッフェ形式で堪能。
噂の「バナナ牛」もありましたよ。
1日1本、牛にバナナを与えるそうです。
免疫力がアップするとのこと。
PB061844.JPG←つい欲張ってしまうのです・・

お腹が膨れて幸せ気分の一行を乗せ、バスは次なる目的地、大樹町航空公園へ。
PB061849.JPG
まずは、広大な滑走路が眼前に迫ります。
滑走路の先は海。
風がビュービュー吹いてきて、
うーむアメリカみたい・・。
頭の中には、嫌でもあの名曲が流れてきます。
そう・・映画トップガンの名曲「デンジャー・ゾーン」!!
PB061852.JPG
そしてこの、巨大な格納庫。
宇宙航空研究開発機構「JAXA」の航空宇宙実験場の施設です。
この日は、災害時などに無人で被災地へ入ることのできる飛行船の実験中でした。

海からのアクセスの良さ。
さえぎるものがない広大な平地。
ここ大樹町は、宇宙への玄関口として期待されているとのこと。
夢は宇宙へ・・

気持ちが宇宙へ飛んだあとは、
群馬の高級味噌漬けの老舗「たむらや」さん大樹工場を見学。
PB061880.JPG
こちらの味噌漬けは、甘すぎず、辛すぎず、なんともいえないお味!
定番のキュウリや大根、生姜はもちろん美味しいですが、
最近は、チーズやつぶ貝などもあるそうで。
ご飯やお酒が進み過ぎて困っちゃいますね・・(笑)
製造工程やラインなどを興味深く見学させていただきました!

たむらやさんを後にした一行は、十勝港へ。
PB061892.JPG
活気のある漁港。
漁船ごとに、シシャモも選別中。
そして、それに群がる大量のカモメたち。
さながら、ヒッチコックの「鳥」を思わせる勢いにびっくり!
PB061886.JPG
そして今年10月より試験操業を開始したばかりの、話題の飼料コンビナート。
穀物保管サイロと配合飼料工場からなります。
とにかく巨大。

十勝港は、全国へ向けた農作物の出口であり、
また、生産に欠かせない、肥料や資材、飼料原料などの入口であります。
ここ十勝港は、農業王国、十勝を支える「アグリポート」なのです。

盛りだくさんの視察ツアー。
日も暮れかけてきましたが、まだまだ続きます。
十勝港を後に、「広尾サンタランド」へ。
ノルウェー、オスロ市から「サンタランド」として日本で唯一認定されたところです。
あいにくサンタさんは、忙しく外出中でしたが、
15万球のイルミネーションとハンドベル演奏に、心癒されました。
PB061915.JPG←かわいいサンタのハンドベルコンサート
クリスマスグッズもいっぱいで、ワクワク!→PB061920.JPG

PB061931.JPGPB061927.JPGPB061929.JPG
山を彩るイルミネーション。
町の夜景と一緒になって幻想的・・。

さて、メルヘンの世界に心洗われた後は、お待ちかね広尾の海の幸の試食会。
PB061937.JPGPB061934.JPGPB061936.JPGPB061932.JPG
広尾産のシシャモ焼き、唐揚げ、ハラス、イカのゴロ焼き、などなど。
胃袋のテンションが一気に上がったところで、懇親会場へ・・。
PB061940.JPG
こちらでも、ご馳走の嵐が吹きまくりましたよ〜
広尾産マツカワ、ホッキ貝のお造り。
半田ファームのチーズ。
百合根のかき揚げ。
いくら、ウニ、ツブ、そして毛ガニ・・・などなど。
まるで、お正月のような豪華さ。
海と大地の恵みを堪能させていただきました。
ご馳走さまですっ(涙)!!
さらに・・「アスパムーン」の宣伝までさせていただきまして、本当に感謝!感謝!です。

海・空・大地。
豊かな資源を有する十勝。
そのポテンシャルを大いに感じるツアーでした。

昨今、第一次産業は、小さくなって隅に追いやられているような気がします。
しかし・・・農林水産業が、なぜに「第1次」産業なのか?
「第2次」「第3次」ではなく、「第1次」であることを、今一度ぜひ考えてみてください。
海があって、
空があって、
大地があって、
そして、この身体があっての、
社会です。
文明です。
人類は、自然資源を利用してここまで発展してきました。
今もそうです。
あって当たり前のものの価値、豊かさ、ありがたさを、私たちは再確認すべき時ではないか?
そんな反省を覚えつつ。

北海道へいらっしゃるかもしれない、「ハンカチ王子」齊藤祐樹選手も語っておりました。
「自分は素晴らしい仲間をもっている!」

海と空と大地と、素晴らしい仲間。
十勝の経営者さんは、本当に恵まれていらっしゃる!!
そう、しみじみ感じた1日でありました。

ありがとうございます。








posted by NshihataHL at 00:00| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ちょっと考えたこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。