2010年11月10日

想像してみてください

PB101964.JPG

昨日、本州で大暴れした低気圧が北海道へきています。
大雨に引き続き、今日は風。
冷たい風と天気雨で、虹がバンバンでています。
(中央付近に見えますでしょうか・・?)

さて、空模様同様、農業界でも大荒れの模様。
今朝の農業新聞はTPP問題満載です。

この問題。
今、自分がどの産業にかかわり、また、どの立場に立たされているかで、意見はまったく変わってくると思います。
私たちは、日本の農業王国・十勝におりますので、とても切実な問題と受け止めています。
基幹産業である農業が打撃をうければ、地域の他の産業も被害を免れないからです。
さりとて、「第一次産業だけ保護されるのは変!」といった意見もあるでしょう。

しかし、そういった損得勘定とは別の次元で、
私が、いちばん恐ろしい気持ちになるのは、
今よりも離農する農家が増えて、日本中の農地が荒れている光景を想像するときです。

「まわりに畑なんかない〜!」
という都会に住んでいらっしゃる方は、想像しにくいかもしれません。
・・富良野や美瑛の美しい丘の風景なら想像できるでしょうか?
あの美しい丘は、全部畑ですから、
試しに、あれが、西部劇に出てくる荒野のようになっている絵を想像してみてください。

一度荒らした田畑を元に戻すには、大変な時間とお金がかかります。
また、現状でも後継者不足で高齢化している農業界。
作物を作る技術が伝承されなければ、
やがて日本人は、自ら食べ物を作る術を失ってしまうでしょう。

もしも、気候変動や政情不安で、外国から食べ物が入ってこなくなった時、
「ならば!自分たちでなんとかしよう!」
と思っても・・・時すでに遅しです。

野生動物の世界では、
自分の食べ物を自ら調達できなければ、もちろん淘汰されてしまいます。
厳しいけれど、それが自然界の掟。
人間は、その掟の例外になれるのでしょうか・・・

う〜む。
最近、いろいろ考えてしまいます。
夏に、体ばかり使っていたので、
冬は、そのぶん頭を使えということか・・(笑)

TPP問題は、私たちのいのちに直結する、非常に身近で大切な問題として、
ぜひ、今後も見守っていきましょう。


posted by NshihataHL at 00:00| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ファームライフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。