2010年11月24日

龍馬伝

PB250027.JPG

毎朝氷点下となる十勝。
ハウスのアスパラもいよいよ枯れてきました。

さて、今月から
「農商工連携人材育成セミナー」という講義に出させていただいております。
なんと、1月まで全15回。充実の内容です。

ところで、「農商工連携」と「6次産業」という言葉。
新聞でもよく見かけますが、改めて。

「農商工連携」というのは、読んで字のごとく
農業、商業、工業が連携して、新しい商品やサービスを開発しようというもので、
経済産業省が推進している事業。

一方、「6次産業」とは、
第一次産業×第二次産業×第三次産業で・・
1×2×3=6で・・6次産業。
結局めざすところは「農商工連携」とほぼ同じ、といいます。
こちらは、農林水産省の推進する事業。

混迷を迎えている世界経済。
日本も、都会も、地方も。
これからは、手と手をとって、力を合わせていかなければ!
というわけですが、
異業種が手を結ぶというのは、実際は難しく、
ここで、必要なのは・・・「坂本龍馬」!
と、先生はおっしゃる。
本来、結びつかないものを、結びつけ、再編成していくには、
「龍馬」のような人材が必要なのだと。

「十勝に龍馬が必要だ。」
という言葉が印象に残りました。

世の中を区切っていたさまざまな境界線が、
だんだんぼんやりしつつある昨今。
ピンチがチャンスに変わるか?否か?
「龍馬」を必要としているのは、
十勝だけでなく、どこの世界も一緒だと思います。

今週末で最終回ですね・・^^




posted by NshihataHL at 00:00| 北海道 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ちょっと考えたこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。