2011年01月23日

リアルコミュニケーション

P1230408.JPG

スコンと晴れた日曜日。
ここは、地域の集会所です。

無縁社会。
消えた高齢者問題・・などなど。
人々の「絆」や「繋がり」の重要性が再評価される時代ですが、
我が清水町、冬の農村地域では、絆を深める行事が目白押しです!

今日は新年会。
薪ストーブを囲んで地域の住民が集まりご馳走をいただきます!
その様子は、さながらお正月の親戚の集まりのようです↓
P1230420.JPG
(すみませ〜ん4区のみなさん!ご出演ありがとうございます^^)

世代や性別を超えて、
家族のような、親戚のような、不思議な関係。
彼らの魅力が、そのまま北海道の味わいとなっています。

昨今、ITを駆使したバーチャルなネットワークの進化は目覚ましく、
それはそれで刺激的で興味深いワールドですが、
こういったリアルな交流も、今となっては得難い貴重な場です。
都会でも、地域のお祭りが復活したり、
ご近所コミュニケーションが見直されていると聞きます。

コミュニケーション能力の低下など、さまざまな問題が叫ばれていますが、
小さい頃から、こういう場に参加していれば、自然に身につくものではないかと・・・僭越ながら、そんなことを感じます。










posted by NshihataHL at 22:00| 北海道 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 町の風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。