2008年04月24日

素朴な粉もの

P4230031.JPG

今日から、平年並みの気温に落ち着くそうです。
予想最高気温10℃。
昨日の最高気温が、22℃くらいあったので、
今日は、寒さひとしお、です。

さて「ソーダブレッド」というものを焼いてみましたが、
問い合わせが殺到(ウソ)したので、
レシピを公開いたします。
といっても、以前、本で見たレシピ、ほとんどそのままです。

材料:

薄力粉       250g
ベーキングパウダー 小さじ1と1/2
重層        小さじ1と1/2
塩         小さじ1/4
砂糖        大さじ1
ヨーグルト     1/2カップ
牛乳        1/2カップ

オーブンを180℃に余熱
ボールに、ヨーグルト・牛乳以外の粉類を混ぜ合わせる。
ヨーグルト・牛乳を入れ、粉っぽさがなくなるまで混ぜる。
ここまですべて、手で混ぜてOK.
水分を入れたら、混ぜ過ぎに注意。
まるくひとまとめにして、オーブンシートを敷いた天板におき、
ナイフで十文字に切り込みをいれ、
170℃〜180℃で、約30分焼く。

こんな感じです。
重層を入れるのでソーダブレッド。
ベーキングパウダーだけよりも、少々しっとり焼き上がります。
表面はかなり固く焼きあがります。
砂糖や油分がほとんど入っていないので、
「おいしい」というより「素朴・・・」といった味わいです。
まあ、もともと、パンがわりに食べていたというし、、、
おやつではないですね。
ドライフルーツを入れてみたり、
油分を加えてみれば、お菓子っぽくなるでしょう。

こういう、素朴な粉ものの場合。
小麦粉の味が、実は大切。
おいしい小麦粉を使うと、がぜん風味が違ってきます。


↓芋を日光消毒。
銘柄は「インカのめざめ」

P4230045.JPG





posted by NshihataHL at 07:29| Comment(0) | TrackBack(0) | おいしいものもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。