2008年05月26日

女の園

P5240068.JPG
↑小学生の女の子たち。好奇心いっぱい。


土曜日。
あすなろ牛乳の村上牧場さんへ、チーム助っ人とともに、
搾乳体験にお邪魔させていただきました。

あすなろ牛乳のブログでおなじみの、
お嫁さんによる丁寧で楽しい解説により、
今まで知らなかった乳牛の世界のあらましを聞くことができました。

・・・乳牛の世界は「女の園」。
生まれたばかりの女の子から、
出産経験の多い肝っ玉母さんまで、
さまざまな世代の女性たちが、みんなで働いています。

考えてみれば、当たり前のことですが、
お乳を出すということは、
赤ちゃんを産まなくてはならないということで、
つまり、乳牛とは、一生かけて妊娠&出産を繰り返していくわけです。
牧場では、
一頭の乳牛から、できるだけたくさんの良質のお乳をいただくために
さまざまな工夫や努力をしています。
病気にならないように。
ストレスをためないように。
快適に妊娠、出産を繰り返せるように。

「経済動物」というと、
なんだか人間の都合で飼育されているようで
素人の私たちからすると、
動物に申し訳ないようなイメージがありましたが、
ここの牛たちは、違いました。
・・・牛も人間もみんなで一緒に、力を合わせて暮らし働いている。
そんな雰囲気が満ちあふれていました。

搾乳体験後にいただいた、手搾りそのまんま牛乳。

P5240100.JPG

ほんのり温かく、
生クリームのようなコクがあり、
とはいえ、飲み口はすっきりしており、
臭みや匂いが一切ないのが特徴。
これぞ本当の「牧場しぼり」。
程よい泡立ち感に、
「これでカフェ・ラテを作ったらさぞ旨かろう…」
と想像し、目じりを下げてしまいました。

搾乳が済んだ牛たちは、
張ったお乳もすっきりし、一仕事終えて、心地よい脱力感。

P5240106.JPG

満足げに、ぼんやりとくつろいでいる姿に、心なごみます。
「牛たちに癒されているんです。」
というお嫁さんの言葉が印象的でした。
貴重な体験とお話、ありがとうございました。
牛を見る目が、少し変化した朝でした。

あすなろ牛乳の牧場アルバム↓
http://asunarofar.exblog.jp/









posted by NshihataHL at 07:43| Comment(2) | TrackBack(0) | ファームライフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
早速、お邪魔させていただきました。
私達も皆様との素敵な出会いを励みに、頑張っていきます。
フルタイムさんのブログは、私の知らない畑の世界。
畑作農家さんのブログを以前から、読者の皆さんにご紹介したいと思っていました。
ぜひ、リンクさせていただけませんか?
Posted by あじゅ at 2008年05月29日 19:06
あじゅさま
はい!こちらこそ、嬉しいです〜
ぜひぜひ、リンクさせてください。
つたないブログですが、今後ともどうぞよろしくお願いします。


Posted by 管理人 at 2008年05月31日 23:23
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。