2010年01月19日

伏せ込みアスパラ

P1191511.JPG

え?
アスパラ?
真冬の北海道十勝ですよ。
こんなにたくさん!?

これは、アスパラの「伏せ込み栽培」という栽培方法。
町内で、実践されている生産者さんがいらっしゃると聞き、さっそく見学させていただきました。

「伏せ込み栽培」とは、
春から秋まで育成したアスパラの1年生株を、
ハウス内に作った、いわば・・「花壇」のようなところへ移植。
この「花壇」、電熱線で、地温を高くする仕組みになっており、
真冬にもかかわらず、アスパラは、上図のように、ニョキニョキと芽をだすのです。
通常アスパラの株は10年くらいもつのですが、
これは、1年で終了。
短期決戦株なのです。

冬の間、
スーパーのアスパラガスは、南米などの輸入物に代わります。
しかし、この「伏せ込み栽培」により、
真冬でも国産のアスパラが食べられることに。
すごいですね〜

P1191515.JPG

お話を伺った若き生産者さん(右)。お二人ともオトコマエ!!
いろいろ教えてくださって、ありがとうございました。















posted by NshihataHL at 22:00| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | アスパラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月15日

越冬するつもり!?

P1131489.JPG

赤い背中に、黒い星・・・。
むむ!君たちは・・・夏にアスパラをさんざん食い散らかした・・・
アスパラハムシじゃあないか!!!

外気温はマイナス10℃以下になっても、ハウスの中は、せいぜい-5℃前後。
「・・・太陽がでればぁ〜気温はプラスになるしぃ〜、物陰に隠れてよ〜じっーーとしてればよ〜そのうち春がくるだよ〜〜」
って、君たち越冬するつもりですかっ!?
そうはさせませんっ!!

P1131488.JPG

というわけで、
バーナーで株の周りをあぶります。
すると、よろよろと出てくるハムシたち。
そこを一匹ずつつまんでいきます。

冬もやっぱり地道な作業が続きます。
posted by NshihataHL at 22:00| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | アスパラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月06日

新年のアスパラ

P1071451.JPG

ご無沙汰しております。
アスパラハウスの様子です。
雪が積もって、内部は少々うす暗くなっております。
地面に並ぶパイプは、堆肥入れのトロッコが走るレールです。
アスパラくんたちは、すっかり眠っております・・・。
posted by NshihataHL at 22:00| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | アスパラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月08日

バーナー登場

PC081251.JPG

アスパラハウスにて。
アスパラの株とその周辺をバーナーで焼いています。
こうすると、病原菌や虫の卵などが、駆除されるとのこと。
来年にむけて、見えない世界との戦いです。
posted by NshihataHL at 00:00| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | アスパラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月24日

片付け中

PB231101.JPG

アスパラハウスの片付け中です。
まきとられた黒いテープのようなものは、
アスパラに水を運んでいたかん水チューブ。
つぎつぎに片付けられていきます。
posted by NshihataHL at 22:00| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | アスパラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月19日

ハウスの中もすっきり

KC3N00060001.jpg

ハウスのアスパラの茎を刈り込んでいます。
すっかり枯れて黄色くなった茎。
今年の役目は終わり。
夏の長雨や日照不足のなか、
太陽光を求めて、ひたすら光合成していた茎や葉たち。
ごくろうさま〜ありがとう〜
今年は大変だったね〜

東京でも、今日は冷え込んでいるようですが、
北海道も本格的に冷え込んできました。
ちょうど、東京の真冬くらいの寒さでしょうか。
雪になるか?ならないか?
そのくらいの寒さです。
こちらは、まだまだ、冬のはじまりです。

posted by NshihataHL at 22:00| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | アスパラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月06日

ハイテンションで拾う&運ぶ

PB060975.JPG

昨日は、夕方、通り雨にやられて、
株ひろいに大わらわでした。
雨の中、
どんどん暗くなる畑で、
焦る!拾う!
焦る!!拾う!!
しかし、秋の陽は、あっけなく暮れ。
結局、闇の中を、全員ドロドロになりながら、ひろい集めることに・・・。
こんなとき、
人間は、妙にハイテンションになる。
大変な思いをしつつも、
皆、笑顔が多い。
ギャグも多い。
いつしか、雨もやみ、
見上げると、きれいな丸い月。
ありがとう。
なんとか、ひろい集められました。

そして、今朝は、明るい日差しの下、
掘り残した株を、手作業で掘り起こしています。

掘り上げた株は、
東京からの助っ人、運び屋K君が、黙々と、軽トラックでピストン輸送。
半日かかりました。
ありがとう〜〜(泣)!

PB060980.JPG「運ぶぜ!まかしとき〜」




posted by NshihataHL at 22:00| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | アスパラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月05日

3年生株

PB050955.JPG

掘り上げた3年目のアスパラ株です。
無数の、うどんくらいの太さの根。
長いものは、1メートルくらいあります。
そして、そのうどんから、ひげ状にチリチリと
毛細血管のように生える、吸収根。
2年生とくらべると、ずいぶん立派な姿。

「これ、何に見える?」とスタッフに聞いてみる。

・・・エチゼンクラゲ
・・プレデター
・・ドレッドヘアーのかつら
・・センティネル(マトリックスに出てくるやつ)

などなど。
いずれにしても、結構強烈なものばかり。
SFチックなイメージが多く、おもしろい。
地中の世界って・・・宇宙っぽいのかな?
海の中も宇宙っぽいし・・

我々の知る「地上のワールド」なんてのは、
世界の、
ほんの、
ほんの一部なんだ。









posted by NshihataHL at 22:00| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | アスパラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月04日

2年生株

PB040934.JPG

掘り上げたアスパラの株。
お、重い。
土が付いているせいもありますが、
ボーリングの玉くらいの重さを感じます。
イメージとしては、
小さめのボーリングボールに、ドレッドヘアーのかつらをかぶせて、持ち上げているような感じです(なんじゃそりゃ!)
これで、2年目の株。
3年目は、果たしてどのくらいになっているのだろう??
posted by NshihataHL at 22:00| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | アスパラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月03日

掘り上げ開始

PB030925.JPG

今日は全国的に寒くなったとのことですが、
ここ十勝清水町も、最高気温は3℃前後といったところでしょうか。
畑には、がっつり霜が降りていました。
バリバリ!

そんな中、露地のアスパラ株の掘り出しが始まりました。
凍った地面が、少しゆるむのを待ち、午後から、本格始動。
株に与えるダメージを最小限にするべく、注意深く機械を操作します。

PB030920.JPG

そして、掘り起こされた土の中から、株を選り分け。
土が凍って固まっていたり、湿っていたり、
また、一緒に雑草の根っこも掘りあがってくるので、
意外に時間がかかりる作業。
じーっとしゃがんでいると、体も冷えてきます。

明日は、うんと暖かくなり、
最高気温も二桁を回復とのこと。
よし!がんばろ〜
ファイト!
posted by NshihataHL at 22:00| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | アスパラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月31日

すっきり

PA310908.JPG

寒気がやってきて、今晩は雪の予報の北海道。
どんよりと冷えてきた曇空の下・・・
む?!
アスパラ畑が?
ずいぶんスッキリしているではありませんか!

実は、移植にそなえて、茎をきれいに刈り取りました。
そして、刈りとった茎を、わしわしと集めているところなのです。
けっこうな量です。
寒空の下、汗をかきかき、作業はつづきます。

posted by NshihataHL at 22:00| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | アスパラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月16日

あしあと?

PA160810.JPG

アスパラハウスの通路で発見。
写真中央をうねうねと続く線。
これ、なんだかわかります?
答え。
「ミミズの這った後!」
土のなかから飛び出したミミズが、
元の土の中に帰れず、
防草シートの上を、ウロウロとさまよっていたようです。
なんか、、可愛い・・
足跡を追っていくと・・・
いました。
大きなミミズくん。
ひょいとつまんで、土の上に返してやりました。
posted by NshihataHL at 00:00| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | アスパラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月14日

ありがとう、みつを。

PA140790.JPG

今年も、大活躍だった、アスパラ選別機
「選だ!みつを」くん。
感謝をこめて、きれいに掃除して、油をさします。

4月中旬から9月中旬まで、
約5か月間、ほとんど文句も言わず、
毎日、アスパラを選別してくれました。

・・・ありがとう、みつを。

来年の春、また会おうね。
よろしくね。
posted by NshihataHL at 00:00| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | アスパラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月02日

越冬準備?

PA050703.JPG

ハウス内に置かれた、資材をどけると・・・
うわあーっ!
アスパラハムシがこんなに!!

最近、寒くなってきたせいか、
見かけないな〜と思っていたら、こんなところに!
どうやら、少しでも暖かい場所を探して、
資材と資材の隙間や、ビニールの雨合羽の隙間などに集まっている様子。
越冬準備でしょうか。

大きな石をどけると、
ダンゴムシがうじゃうじゃいた!
という経験は誰でもあるとおもいますが、
あんな感じです。

しかし、集まってくれれば、
こちらとしても好都合。
掃除機できれいに吸い取らせていただきました。
越冬はさせませんっ!

posted by NshihataHL at 00:00| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | アスパラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月28日

ゴーストバスターズ?!

P9280632.JPG

露地のアスパラに石灰を撒いています。
背中に石灰を背負って、
そこから伸びる筒状の管で、首尾よく撒いています。
ちょうど、掃除機を背負って、ノズルを手に持ち掃除するような格好です。
もちろん、吸い込みはしませんよ。
我々は、この装置、ゴーストバスターズと呼んでいます。
・・・ちょっと古いかな?(汗)
posted by NshihataHL at 00:00| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | アスパラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月04日

虫取りは続く

P9030383.JPG

アスパラの根元にヨトウムシを発見。
見よ!この見事な食べっぷり!
頭をごちそうに突っ込んでいる彼。
「あんまりだよ〜」
とつぶやきつつ、苦笑。
生命力みなぎるハウスの中・・

posted by NshihataHL at 00:00| ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | アスパラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月31日

アスパラ千秋楽

P9010353.JPG

4月中旬より収穫を始めた、ハウスのアスパラ。
本日で、収穫終了です!
栽培、収穫、出荷、販売、すべての工程でたくさんの方々のお力をお借りしました。
この場を借りてお礼申し上げます。

アスパラの収穫は、例えるならば、約4か月半のロングラン公演。
いや〜いろいろなドラマがありました。
春の大雪の中、
暑かったGW、
露地の遅霜被害があり、
うんざりするほど雨が続いた6月、7月、
短い真夏には、40℃近いハウスの中、汗をしたたらせながら、
4か月半、毎日毎日採り続けました。
初収穫時は、桜も咲いていなかったのに、
気がつけば、秋。
予想通り、春から秋を駆け抜けました。
このあと、秋から冬の間、アスパラ達は、来シーズンに向けて力を蓄えます。

召し上がってくださったお客様。
本当にありがとうございます。
また、来年の春、お会いしましょう!!

P9010347.JPG






posted by NshihataHL at 23:00| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | アスパラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月20日

農作業、ときどき禅問答

P8220228.JPG

可愛いなんて、思ってはいけないのだが・・
ヨトウムシ。
しっかり、手?足?でアスパラの茎をつかんで、ぶら下がっている。
そして、口?で茎をなめている。
不覚にも、その健気さに、顔がほころんでしまう。
生きようと必死なのだ。
うーむ。
そう思いながらも駆除する。
この矛盾。
うーむ。
世の中、矛盾だらけだ。
しかし、だからこそ、味わい深いといえよう。

答えなど、はじめからないのだ。
というか、それが答えなのだ。
posted by NshihataHL at 00:00| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | アスパラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月16日

メイド イン アスパラハウス

P8150193.JPG

アスパラハウスの一部で栽培していたミニトマトを収穫。
皮がしっかりしていて、でも甘みと酸味があって旨い。
アスパラの虫よけに、トマトが効くらしい??とのことで、
空いたスペースに植えてみたのものです。
いわゆる「コンパニオンプランツ」という・・・あれです。

効果のほどは、どうだろう??
トマトを植えたハウスの方が、
植えてないハウスに較べ、あきらかに食害は少ない様子だが。
他の要素も絡んでいるだろうし。
気のせいか?どうか?
・・・・・しかたありません。
「これが効いたのだ!」
と、はっきり答えがでにくいのが、有機農業ワールド。
しかし、多少なりとも、防除効果があったとは言えると思います。

ともあれ、
アスパラジャングルの中にトマトを発見すると・・
すこし嬉しい。
そして美味しい。
これだけは、はっきりしています。

P8260290.JPG
posted by NshihataHL at 00:00| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | アスパラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月14日

露地必携!

P8140178.JPG

露地の畑へ出る時の必携品「虫よけセット」
手首につけているのは、100円ショップで見つけた「虫よけリング」
「ユーカリ油、シトロネラ油、W効果!!」
とあって、つけているとハーブの香りが。
これが、虫を寄せ付けない・・・とのこと。

スプレーは、自家製虫よけ。
こちらは、消毒用アルコールと精製水に、ユーカリとティートゥリーのオイルをミックスしたもの。
とくに、顔の周りにたかるブヨ対策に、
頭から、肩、首の周りを、
衣服の上から、シュッ!シュッ!

ハーブの香り立ち昇らせて、
いざ露地へ。
posted by NshihataHL at 00:00| ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | アスパラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。