2009年10月25日

白菜漬け

PA130775.JPG

実験圃場「農家の菜園」で収穫の白菜。
天日干しして、白菜漬けにすることに。
ハクサイたち。
気持ちよさそう。



posted by NshihataHL at 00:00| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | おいしいものもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月13日

食べるホオズキ

PA130784.JPG

「フルーツホオズキ」
なるものを見つけました。
左がそれです。
普通のホオズキと並べてみました。

口に入れると、甘酸っぱく、
意外に水分が多く、プチプチと種が感じられます。
最初は、パッションフルーツのような味わい。
で、最後は、ココナツミルクのような味がのこります。
不思議な味。

野山で、見つけて食べたら、
さぞ嬉しく、おいしいだろうなと想像しました。

posted by NshihataHL at 22:00| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | おいしいものもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月11日

秋刀魚

PA120766.JPG

秋です。
北海道です。
釧路産、秋刀魚です。

この時期
スーパーでお買い得の時に、
たくさん買って煮ておきます。


鍋にぎっしり秋刀魚を並べて、
酒と酢と醤油とみりんで煮ました。
酢を使うのがポイントなのです。
おかげで、骨まで丸ごといただけます。 
お弁当にもいけますよ。
posted by NshihataHL at 00:00| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | おいしいものもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月04日

贅沢トースト

PA070715.JPG

十勝、某牧場の生キャラメル。
贅沢にも、パンにのせて、トーストしてみました。
キャラメルがほど良く溶けて、魅惑的な味わい。
冷え込んできた秋の朝。
あついコーヒーとともに幸せなひととき。
posted by NshihataHL at 00:00| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | おいしいものもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月30日

うどんやさん

P8300306.JPG

町内にある、新しいうどんやさんを訪れました。
山の近くの麦畑の中にポツンとあるうどんや「麦や」さん。
すてきな古民家風のたたずまい。
以前、道に迷った時に発見したのですが、
そういう時って、ものすごく得した気分になります。

上は、鶏牛蒡つけそば。
十勝産小麦でうった手打ちうどんは、コシがあってつやつや。
水にもこだわっているとのこと。

P8300305.JPG

こちらは温かい、鳥南蛮うどん。
昆布だしがきいた関西風のお出汁がおいしい・・
かやくご飯とおいなりさんまでつけてしまいました。

ぜひ、迷いながら、見つけてください。
こちらが目印です↓
P8300307.JPG

posted by NshihataHL at 00:00| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | おいしいものもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月09日

ガレット

P8090141.JPG

以前から気になっていた、ガレットのお店を帯広で偶然発見。
キキーッとハンドルをきり、
早速、立ち寄ってみました。

ガレットとは、フランス、ブルターニュ地方の郷土料理で、そば粉のクレープのようなもの。
卵やチーズやハムが入っています。
こちらは、フランス人のご主人が作る本格的な一品。
フランス語をおりまぜてサービスしてくれます。
お店も、手作り感あふれていて可愛らしく、とてもフォトジェニック!
可愛いさと、おいしさに、思わず甘いクレープも追加注文してしまいました。

P8090145.JPG
↑そば粉と小麦粉のクレープ。
アイスクリームとルバーブのコンフィチュールをトッピング。「ボナペティ!」とご主人。

そば粉、卵、チーズ、ハム、アイスクリーム、ルバーブ、小麦粉、てんさい糖・・・
・・ぜんぶ十勝の食材で作れます。
十勝は、北フランスの田舎の風景とよく似ていると、
フランス帰りの知人が教えてくれました。

ガレットにアスパラが入っていても、いいなあ。
今度、作ってみよう!

posted by NshihataHL at 00:00| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | おいしいものもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月04日

イチゴとパスタ

P7040586.JPG


庭で見つけたイチゴ。
以前住んでいた方が植えていたらしい。
そうとは知らず、ほったらかしだったのですが、
食べると、甘くておいしい。
来年は、もう少しケアしてあげよう。

今日は、またまた曇もようのお天気。
いまひとつ夏らしさが感じられない。
気分だけでも夏らしさを・・
ということで、トマトを沢山つかってイカとトマトのパスタを作ってみました。
アスパラのグリーンがポイントです。

P7040583.JPG


 
posted by NshihataHL at 19:07| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | おいしいものもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月20日

漬けました。

P6190484.JPG

梅酒をつけました。
お店で買うものより、やはり自分でつけた方が、おいしいし。
今年は、無農薬の梅を使用。
・・秋ごろが、楽しみです。
posted by NshihataHL at 00:00| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | おいしいものもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月11日

贅沢なランチタイム

P6110406.JPG

わあ〜おいしそう!
アスパラ入りメンチカツもあって・・
豆や山菜など、地元の恵みが、少しずつ、たくさん楽しめます。
寒い雨の日。
薪ストーブが焚かれた、町内のレストランにて。
心落ち着くランチタイム。
posted by NshihataHL at 00:00| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | おいしいものもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月05日

アスパラディナー

P6020330.JPG


アスパラのオイルパスタを作りました。
パスタとアスパラとオリーブオイルと塩コショウのみ。
シンプルなお料理は、素材の味が楽しめます。
ビールと一緒に。

 
posted by NshihataHL at 22:00| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | おいしいものもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月04日

野菜たっぷりジンギスカン

P5040064.JPG

北海道ではお花見といえばジンギスカン。
というわけで、
山や畑の、いただき物お野菜たっぷりのジンギスカンにしました。
行者にんにく
アスパラ
百合根まで入れてみました。
野菜は、塩とオリーブオイルでいただいたら、おいしかった・・・

ああ、暖かくて、爽やかで、春って最高!
posted by NshihataHL at 22:00| Comment(2) | TrackBack(0) | おいしいものもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月30日

かぼちゃパン

P4300021.JPG

いただきものの「かぼちゃパウダー」を入れて、
パンを焼いてみました。
今回はホームベーカリーにて。
全体の15%くらい入れてみました。
かぼちゃ色で可愛らしく、
甘みも感じられます。
焼き立てを、バターやジャムもつけず、そのまま頂きました。
おいしかった〜


posted by NshihataHL at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | おいしいものもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月25日

根菜で温まる

東京では、桜が咲いているのに。
十勝の開花は、5月5日くらいとのこと。
・・・まだまだ、寒し北海道。

ここのところ、日中は、太陽が出て、ウキウキの暖かさですが、
夕方になると、だまされた〜!と思うほど、急激に寒くなり。
ハウスの中で、泥だらけになりながら、細かい作業をしていると、手足がしんしんと冷えてきて、
・・・ああ、早く温かい風呂にドボンと浸かりたい・・・
と、そんなことばかり考えてしまいます。

体が冷えた日は、根菜スープ!
ごぼうや大根を沢山いただいたので、作ってみました。

P3010282.JPG

じゃがいも
エリンギ
大根
かぼちゃ
たまねぎ
ごぼう
人参
などなど・・

あたたまりそうな野菜をじゃんじゃんいれて、
クツクツ煮込んだだけ。
それぞれの野菜から、ほんのりとダシが出るので、味は塩少々。
サワークリームを添えていただきました。
やさしいお味です。

posted by NshihataHL at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | おいしいものもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月17日

ばくだんおはぎ

P2090035.JPG

彼岸入りということで、
おはぎをつくってみました。

圧力なべで、モチモチに炊いた玄米。
それを、すりこぎでついて、お団子風にしたものに、
これまた圧力なべで、急いで作った粒あんでコーティング。
小豆はもちろん十勝産です。

しかし、どうも、、
欲張って大きく作ってしまうせいか、
品よくまとまらず・・・
「ばくだんおはぎ」と呼びたいボリュームに。
おやつというより、食事だ。これは。
でも、おいしい。

今日は、本州では、20℃を超えるところもあったとか。
北海道も、4月上旬なみの暖かさで、
あんなにあった雪が、冗談みたいなスピードで、日に日に消えています。


posted by NshihataHL at 23:04| Comment(0) | TrackBack(0) | おいしいものもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月26日

共働学舎のチーズ

P1200302.JPG

先月のことですが、
おとなり、新得町にある
新得共働学舎さんで、美味しいチーズをいただきました。
牛を育て、乳を搾り、チーズを作る。
自然の流れにあわせ、ゆっくりと手作りされるチーズたち。
それぞれの工程に、作り手の思いが反映されるからでしょうか。
香りから始まり、口に入れて、のどを通るまで、
何層もの、繊細な味わいを感じます。
チーズの本場、ヨーロッパでも認められた国産チーズ。
ヨーロッパの文化を、日本人の繊細な感性で読み込んだ逸品です。

代表の宮嶋望さんの本も読ませていただきました。
P2260257.JPG

「生き方に迷っている人、人から見放された人、社会を見限った人が、太陽や月星、山、川、森、土、牛やバクテリアたちと共働して、いのちの花を咲かせている。」
本の帯に、こう書いてあります。
・・・グッときてしまった。

新得共働学舎のHP
http://www.kyodogakusha.org/


posted by NshihataHL at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | おいしいものもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月11日

もういけますよ

P2110074.JPG

去年の秋に仕込んだ、姫リンゴ酒。
試しにてみたら、お!もういけるようです。
氷を入れて、いただきます。
なかなかおいしい。

今日は、風もなく、太陽も出ず、静かな一日。
寒さも峠を越したような気がします。
posted by NshihataHL at 21:46| Comment(0) | TrackBack(0) | おいしいものもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月01日

噂の品

P1210328.JPG

北海道に住んでいても、なかなかお目にかかれない、
噂の品とついに出会いました。

P1070072.JPG
以前、訪れた千歳空港でもこの行列

生キャラメルも、ホエー豚も、
北海道内では、驚くほど目新しいわけではないのです。
しかし、このブーム。
改めてマスコミ宣伝の威力を感ぜずにはいられません。






posted by NshihataHL at 11:39| Comment(0) | TrackBack(0) | おいしいものもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月27日

目から鱗の百合根

P1190256.JPG

ん?これは?
シュークリーム??
いえいえ、百合根なのです。
百合根をまるごと素揚げしたのです。

先日、帯広の百合根生産者さんを訪問した折、ごちそうになりました。
これが、その・・・とてもおいしいのです!
香ばしく、なんともいえない自然の甘みがあり、ホクホクしていて・・。
こんな贅沢ないただき方があったなんて!!
感動ものでした(涙)

高級食材というイメージが強い百合根ですが、
もっと普段から食べないと・・・もったいないです。

いやはや・・北海道、十勝。
素材のポテンシャルは、はかり知れません。
posted by NshihataHL at 18:48| Comment(2) | TrackBack(0) | おいしいものもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月11日

食材探訪その3 バラフ

最近、気になっていた食材をデパ地下でゲット。
「バラフ」「アイスプラント」などと、呼び名も様々ですが・・

P1120109.JPG

葉の表面にプチプチした水疱があり、
全体に、ごわごわとして、葉に厚みのある多肉植物。
口に入れると、このプチプチが感じられ、
まるで子持昆布のような食感。
噛むとうっすら塩味がします。

なんといっても、この野菜。
長期保存でも、しおれないのがすごい。
多肉植物だから、乾燥に強いのですね。
生で、サラダや肉料理の付け合わせに、
しおれにくい緑の野菜は、飲食店では重宝するのではないでしょうか?

南アフリカ原産。
土中のミネラルを吸い上げる吸塩植物で、
もともとは、塩害対策に導入されたという話です。

むむ。
逆に、ミネラル不足の畑に、この植物を鋤き込むとどうだろう??

・・などと、
野菜を前に
あれこれ考える冬の夜長。




posted by NshihataHL at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | おいしいものもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月10日

食材探訪その2 シシリアンルージュ鍋

P1080091.JPG

トマトだけで作る、
驚くほどおいしい鍋があるというので、
友人に連れて行ってもらう。
その名も「シシリアンルージュ鍋」
・・・マフィアの親分達が、儲け話などしながら囲む鍋だろうか?・・・
そんな想像をしつつ、訪れたそこは、おいしいお蕎麦屋さん「さ和長」

オリーブオイルと鷹の爪をいれた鉄鍋に、
湯むきしたトマト(シシリアンルージュ)をつぶしながら入れていく。
そこへ、アサリ、牡蠣、ホタテ、豚肉などの具材を入れ、
とろとろ、アツアツの絶品トマトソースと化した、
「シシリアンルージュ」トマトを絡めながらいただく。
味付けは、塩のみ。
きわめて簡単な調理であるにもかかわらず、
数時間かけて煮込んだトマトソースのような濃厚な味が、一瞬で出来上がる。
今すぐ、茹でたてのパスタを投入したい衝動に駆られる。

しかし、その衝動を抑え食べ進めると、なんと〆は蕎麦。
P1080094.JPG
冷やした濃厚トマトソースに、冷たいそばがまたいけるのです。

旨みを醸すグルタミン酸が、
普通のトマトの約3倍といわれる「シシリアンルージュ」
短時間の加熱調理で、たちまちプロの味に。

P1140158.JPG

縦長で大きめのプチトマトのような形状。
イタリアのトマト名人、マウロさんが作られたそうです。
さっそく自宅で再現しましたが、
ばっちり美味しくできました。

マフィアの親分もビックリのトマト。
これは・・ぜひ・・栽培したい。












posted by NshihataHL at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | おいしいものもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。