2010年12月17日

しんむらさんのミルクジャム

「農商工連携セミナー」
本日は、十勝上士幌町のしんむら牧場より新村社長の講義。
しんむら牧場の「ミルクジャム」は、ご存知の方も多いと思います。
美味しいですよね〜
その「ミルクジャム」の誕生秘話。
ブランディングなどについてお話を伺いました。

・牛にできることは、牛にやってもらう集約放牧
・土壌改良による、牛が食べたくなる牧草づくり
・放牧地は牛のバイキング!
・タフで長生きする牛たち

こういった牧場づくりをされつつ、
あの美味しくておしゃれな、「ミルクジャム」を作っている・・。
これがまさに、「ミルクジャム」の魅力ですよね。
「どんなブランドも、物語で始まり、約束で終わる」
・・このセミナーでは、何度も耳にしていますが、
やはり「思い」をこめた「ものづくり」に勝るものはありません。
新村さんの思いが、隅々まで伝わる「ミルクジャム」を再確認しました。

PC160172.JPG


posted by NshihataHL at 22:00| 北海道 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ちょっと考えたこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月16日

光合成ごくろうさま

PC150153.JPG

ハウスのアスパラの苅込の様子です。
アスパラの枯れ茎葉は、170Cm位まで生い茂っているので、
枯れ茎とはいえ、けっこうなボリュームです。
刈払機でかりとって、
ハウスの外へ運び出し、
軽トラックにのせて外へ、

PC160168.JPG

露地の畑のあいたスペースで焼却します。
これは病原菌と虫の駆除のため。
枯れている茎や枝は、
白い煙を猛烈にだして、
あっという間に燃え尽きます。
光合成という大役を終えたアスパラの茎葉は、灰となり、土にかえります。
ありがとう。ご苦労さま。

季節はめぐります・・。
posted by NshihataHL at 00:00| 北海道 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | アスパラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月15日

忘年会

PC150159.JPG

今宵は恒例のフルタイムファーム忘年会。
東京から、我らが原社長もかけつけ、
日頃お世話になっている清水町の皆さんと楽しく酒宴をかこみました!
会の途中で、ふるさと納税など、清水町への貢献に対して、
高薄町長より原社長へ感謝状を贈呈いただきました。
(写真左が高薄町長、右は原社長)
清水町のみなさま、今年も大変お世話になりました。
大変な時代を迎えていますが、
来年も、明るく元気にがんばりますので、
どうぞよろしくお願いいたします!

posted by NshihataHL at 22:00| 北海道 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 町の風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月13日

つるつる路面

PC130145.JPG

今年は、12月でも雪にならず雨が降ったりする異常な気候。
お陰で、降った雪が昼間融けて、夜になると凍り、
写真のようなつるつる路面になってしまいます。
これは、どちらかというと春先の光景です。
車でも、徒歩でも怖い毎日。
posted by NshihataHL at 00:00| 北海道 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ファームライフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月12日

はじっこ好き

PC130148.JPG

ついに手に入れました。
十勝銘菓、柳月「三方六しょこら」・・・のはじっこ!!!
本物の三方六は、白樺の薪を模したバームクーヘンなのですが・・
(詳細は「柳月」さんHPをご覧ください)
さて、これはどの部分でしょうか・・?
バームクーヘンは、長い棒に生地をつけて、くるくる回しつつ焼いていくお菓子。
これを何度も繰り返すと年輪のような模様になるという具合なのですが・・
・・そう、これは、その長い棒に巻きついたケーキのはじっこ部分です。
いはば、海苔巻の端っこ部分みたいなもの。
地元の工場で、しかも少ししか出ない貴重な「はじっこ」。
いやあ〜はじっこ好きにはたまりません!


posted by NshihataHL at 00:00| 北海道 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | おいしいものもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月10日

エターナル オプティミズム

PC100123.JPG

夕方、じゃがいもの出荷作業中に、児玉ヘルスの児玉社長がファームに見えました。
同友会で親しくさせていただいております、児玉社長。
同社では、さまざまな農業資材を扱っていらっしゃいます。
特に、コールドプレス製法の菜種カスは良質で評判も上々とのこと。

ハウスの中で、ボカシ肥料やアスパラ栽培の話などするうちに、
話題は、昨日の「やまけん」のセミナーへ。
そして、TPP問題、さらに日本の未来まで及んでしまいました・・

爽やかな児玉さんは、
大変な時代になろうとも、
明るく、笑顔。
もちろん経営者ですから、当然いろいろ考えるけれども、
最後は、オプティミズム(楽観主義)で、いくしかない!というような・・
清々した様子が印象的でした。

そうですよね。
ため息ばかりついていても、なにも変わりません。
ノーベル賞の根岸教授がおっしゃるように、
こんな時だからこそ「エターナル オプティミズム」が、試されるのかもしれません。
「現実的な楽観主義」
すなわち、「強靭な精神力」ということですよね・・・(^_^;)
がんばろう〜〜!!
posted by NshihataHL at 22:00| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ファームライフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月09日

「やまけん」登場!

PC090112.JPG

本日の農商工連携セミナーには、
あの有名ブログ「やまけんの出張食い倒れ日記」の作者である
「やまけん」こと山本謙治氏が登場!

何を隠そう私、こちらのブログはずいぶん前から読ませていただいておりました。
「食」に対する考え方が自分と似ていて励まされることも多く、
そしてなにより・・ブログの写真がすごくいいのです!
写真の勉強にもなります。
ぜひぜひ、一度ご覧になってください〜

というわけで、
ご本人に会えるなんて超幸せ〜!と、
ミーハーモードに傾きそうな自分を抑えつつ、しっかり勉強してきました。

・良いものを作って、適正な価格で売ろう。
・どうせ苦労するならば、値下げする苦労より、良いものを良い値でかってもらう苦労をしよう。
・そのために、消費者に伝える技術、納得してもらう技術を磨こう。
・これからは、エシカルソーシング(倫理的調達)が当たり前になる。

特に、伝える技術は、生産者や地方は不得手です。
なぜなら、伝えること・・・コミュニケーションは、まず「相手を知る」ことから始まりますから、
エンドユーザーから、遠く離れた環境で暮らす我々は、当然不利なのです。
消費者が生産者や本当の産地の情報を知り得ないように、
我々、産地でも、都会で暮らすみなさんのライフスタイルを実感することはできません。

そこで、やはり思うのは・・・
都会と田舎、両方の暮らしを体験した人。
こういう人々の意見を取り入れようということ。
このセミナーでも、よく登場する「坂本龍馬」のように、間を取り持つ人。
それぞれの立場や言い分を理解したうえで、双方をつなぐ橋渡しができる人。
こういう人材や知恵が、今、なにより求められているのではと思います。
都会で暮らす、我こそは・・・というあなた!!
今、地方はチャンスですよ。
あなたのそのセンスが求められています。
ただし都会の価値観だけで、押し切るようなやり方はいけません。
双方のいいところを補完し合うような、柔軟なコーディネイト力が問われます!
そして、地方にいる我々も、今までのやり方に固執せず、
気持ちをオープンにして、いろいろチャレンジしようぜよ!

最後に、やまけんが、十勝へ来たら必ず食べるというアイテムを。
満寿屋パンの白スパサンド。
→あるだけ買い占めるそうです(笑)
インディアンカレー。
→あなどるなかれ。東京でも食べられない味!
・・他にもたくさんありますが、それは「やまけんの出張食い倒れ日記」をご覧ください〜

お、そうです!
我らが清水町のご当地グルメ「牛玉ステーキ丼」も絶賛いただきましたよ!!
味噌味が面白い!とのこと。
やった〜!
ありがとう〜やまけん!

posted by NshihataHL at 00:00| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ちょっと考えたこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ボカシ肥と堆肥

PC090104.JPG

下サホロのハウス。
前室部は、苅込を済ませ、ボカシ肥と豚糞堆肥を散布完了です。

今回の下サホロのボカシ肥と堆肥は、
アスパラの師匠大野さんより譲り受けたもの。
大事に使わせていただきます!
PC090108.JPG
↑白い大きな袋が豚糞堆肥。約1t。これが10袋。

奥の部屋のアスパラはまだ緑の部分が残っているので、
苅込はもう少し待ちます↓

PC090107.JPG

posted by NshihataHL at 00:00| 北海道 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 下サホロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月07日

何もなくなりました

PC100115.JPG

上清水ハウスのアスパラを苅込み、
刈り取った残渣は外へだし焼却処理しました。
この後、バーナーで株元をあぶり、殺菌防除します。
昨年から取り入れたバーナー防除ですが、
これが案外効くようです。

posted by NshihataHL at 00:00| 北海道 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | アスパラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月05日

幻の第九

PC110126.JPG

第九のまち「清水」で、5年に1回開催される第九演奏会。
清水町民となった数年前から、楽しみしておりました。
今年がついに「その年」となり、
前売りチケットも手に入れ、その日を静かに待っておりました。
が、しかし!!!
当日、明け方から、激しい腹痛に襲われ、
悶絶の末、休日にもかかわらず、ついに病院のお世話になることに!
(その節はお世話になりました・・)
原因は流行りのウィルスかなにかで、大したことはないとのことですが、
・・・脂汗が噴き出るほどのこの痛み!
本人的には、十分大したことですぅ〜先生!!
腹痛をこらえながら、点滴を受けること数時間。
ようやく症状も落ち着き、病院をでると、
第九コンサートは無事に終わり、
文化センターからはたくさんのお客さんが、楽しげに帰路についているところでした。
その時の気持ちを歌にすると・・・

・・・戦い済んで 日が暮れて 第九の歓喜にそぞろゆく 人をしり目に 腹が鳴る・・・
(解説:腹痛との戦いが済んで、病院をでると、第九コンサート帰りの客が楽しそうに夕暮れの町を歩いている。しかし、我のお腹は空っぽでグーグーなっている。)

清水の第九コンサート。次回は5年後、2015年です。
posted by NshihataHL at 00:00| 北海道 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 町の風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。