2011年02月02日

その、ひと口について考える

P2020594.JPG

霧島山・新燃岳の噴火。
テレビ映像で見るたびに、火山灰の処理の大変さを想像してみます。
雪ならば、いつかは溶けてなくなりますが・・。
埃っぽいだろうし、いつ止むかもわからないし・・。
自然のことだから仕方ないとはいえ、ほんとうに大変なことです・・。

そして、鳥インフルエンザ。
ダブルパンチです。
農業新聞によると、韓国でも口蹄疫感染拡大の中、鳥インフルもまん延とのこと・・・。

農業や自然環境の問題は、つまりは私たちが日々口にする「食」の問題です。
「食」は、我々の「生命維持」に欠かせないものです。
他人事と思わず、自分のことと思って見ると、ニュースの見方も変わります。

食べることは、生きること。
その、ひと口には、たくさんの自然や社会の背景があるのです。
考えさせられます。


posted by NshihataHL at 00:00| 北海道 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ちょっと考えたこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月01日

ホカホカ活性化中

P2020591.JPG

醗酵中のボカシ。
外気温が低いためか、まだ40℃くらいです。
それでも、ホカホカ〜
じんわりと暖かい。

もうひとがんばれだ。菌たち。
活性化だ!
posted by NshihataHL at 00:00| 北海道 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | アスパラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月31日

祝!エア・ドゥ就航

P2010586.JPG

帯広空港にエア・ドゥが就航します!!
3月27日より、1日3往復!
就航記念運賃は、なんと一番安くて8900円!
普通運賃でも、ずいぶんお安くなりそうです。
みなさん!
十勝がお得に、近くなりましたよ〜
どんどん、いらしてください(^.^)/~~~
posted by NshihataHL at 00:00| 北海道 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ファームライフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月28日

幸せを「見える」化する

P1180384.JPG

去る、1月18日の「農商工連携セミナー」
この日の講師は鹿児島の農業生産法人鰍ウかうえ代表、坂上隆氏。
3時間では収まりきらない盛りだくさんの内容でした。
なかでも、凄いと感じたのは、作業工程、圃場管理などITを駆使して「見える」化し、合理的な農業経営を実践されていること。
「見える」化の原点は、剣道の精神にあるとのことです。
剣の達人は、敵の次の一手がすべて「見える」のだそうです。
先が見えていれば、慌てず次の手が打てる。
K(カン)K(経験)D(度胸)に頼らない、均一な仕事ができるというわけです。

よく思うのですが、企業の方や異業種の方は、工業製品と同じような感覚で農作物を捉えていらっしゃるのですよね。
それも無理はありません。
不確定な事案にも、数字や図表を用いて、日々「見える」化して、皆さん仕事をされているわけですから。
当然といえば、当然でしょう。
一方、農業は自然相手、生き物相手。
なんたって、お天道様次第です。
不測の事態も起きまくります。
しかし・・・さかうえ社長のお話を自分なりに反芻すれば・・
不確定要素も、不確定なりにがんばって「見える」化しようよ!ということでしょうか。
「上手くいってなんぼ」
「下手したらなんぼ」
農業従事者ならば、この幅は当然頭のなかにお持ちだと思います。
そのあたり、幅を持たせてもいいから「見える」化しておけば、情報共有できます。
そうすれば、たとえ不測の事態が起きても、慌てず対処できる。
また、「見える」化によって、関わる人々の自発的な提案やひらめきが喚起でき、
結果、作業の省力化・合理化も期待できます。
ひとりの能力には限界がありますが、「見える」化すれば、皆の知恵を総動員できるわけです。

・・さて「農商工連携人材育成セミナー」全15講を終えて感じたこと。
沢山あります。
ありすぎます。
ただ、思い切り俯瞰して感じるのは・・農業でも二極化が進んでいる現状。
基本的に従来の個人経営型で、想いを込めたものづくり、ブランドづくりに注力する・・広げるというより深めていく形。
一方、最先端技術を駆使して、大規模化、合理化して、新規就農者の裾野をも広げていく形。
この二極化の動きのなか、TPPやらなにやらで、今までの枠組みが取っ払われた時、果たして業界はどうなるのでしょうか?
「TPPの是非は考えていない。(・・何があろうとやりぬく覚悟なのだから、日々起きてくるリスクをひとつひとつクリアしていくだけだ)」
さかうえ社長はTPPについて、そんな風におっしゃっていました。
そうですよね。
余りにも予測できない未来を心配しても仕方がありません。
「明日世界が終ろうとも、私は今日りんごの木を植える」
これは・・・どなたがおっしゃったのでしたっけ?
その精神です。
さかうえ社長は、
「ビッグピクチャー・スモールウィン」(大きなビジョンをもち、日々小さいことをやり遂げていく)
と語られていました。

嵐がこようが、津波がこようが、我々がやることはただ一つ。
頑張って生きていくことです。
目の前のことを一生懸命やるだけです。
希望を持って、夢をもって。
がんばりましょう〜!

というわけで、このあとはセミナーの締めくくり。
岩手県くずまき高原へ研修にいってまいります。
posted by NshihataHL at 00:00| 北海道 | Comment(0) | TrackBack(0) | ちょっと考えたこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月27日

冬の乾燥対策N0.1

P1270439.JPG

ファームのアスパラを使った、
世界で初めてのベジタブルコスメ「アスパムーン」。
お陰さまで、地元清水町でも大変ご好評いただいております。
ありがとうございます!

え?
まだお試しになっていない?
それはいけません。
すぐに清水町の直売所「三丁目広場」へレッツゴー!!です。
今なら、ご覧のサンプルがお試しになれます。

ありがたいことに、高いリピーター率を誇る「アスパムーン」。
使っていただければ、その良さを必ず実感していただけると思います。
もちろん、ファームメンバーも愛用中。
冬の乾燥対策には欠かせませんっ!
posted by NshihataHL at 00:00| 北海道 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | コスメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月26日

氷点下の冷蔵庫で何が起きているか?

P1270437.JPG

寒い日が続いています。
1月に入ってから、乾燥した晴天が続いている十勝地方。
雪が降らない分、冷え込みが強まります。

さて、写真は、ファームの冷蔵庫に設置された「凍結防止サーモ」です。
冷蔵庫は、ものを冷やすためだけにあるのではありません。
氷点下の世界では、ものを凍らせないためにあるのです!
今は冷蔵庫の中にいた方があたたかい季節なのです(笑)

ところで、「凍結防止サーモ」の働き。
冷蔵庫のモーターは通常冷やすために作動します。
庫内温度が、冷え過ぎた場合には停止。
すると・・庫内温度が徐々に上がり、ある温度まであがれば、再びモーターが作動。
一定の温度帯を維持します。

ところが・・・外気温が-10℃を下回るここ十勝では、氷点下の外気に合わせ、冷蔵モーターが作動しようが、すまいが、庫内はどんどん冷えてしまいます。
そこで「凍結防止サーモ」が監視!
庫内温度が、0℃を切りそうになったら、霜取り用のヒーターを作動させ、温度を上げてやります。
・・・「冷え過ぎ防止センサー」といったところでしょうか?

週間予報によれば、今週末はまた-20℃近くまで冷え込むとのこと。
頼んだよ〜「凍結防止サーモ」くん!


posted by NshihataHL at 00:00| 北海道 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ファームライフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月24日

スノーモービル野郎

P1240431.JPG

車を運転していると、、むむ?あの人影は?

P1240432.JPG

おお!道を横切って、隣の畑へ進入したぞ!!

P1240433.JPG

うお〜〜っ!!
ふた筋のわだちを残し、あっという間にはるか向こうへ。

発見!!
スノーモービル野郎!
接近映像がなくて申し訳ありません・・。
しかし、雪面は結構ふわふわするようで、
水上を走るジェットスキーよりも、バランス感覚が問われるような感じでした。
posted by NshihataHL at 00:00| 北海道 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ファームライフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月23日

リアルコミュニケーション

P1230408.JPG

スコンと晴れた日曜日。
ここは、地域の集会所です。

無縁社会。
消えた高齢者問題・・などなど。
人々の「絆」や「繋がり」の重要性が再評価される時代ですが、
我が清水町、冬の農村地域では、絆を深める行事が目白押しです!

今日は新年会。
薪ストーブを囲んで地域の住民が集まりご馳走をいただきます!
その様子は、さながらお正月の親戚の集まりのようです↓
P1230420.JPG
(すみませ〜ん4区のみなさん!ご出演ありがとうございます^^)

世代や性別を超えて、
家族のような、親戚のような、不思議な関係。
彼らの魅力が、そのまま北海道の味わいとなっています。

昨今、ITを駆使したバーチャルなネットワークの進化は目覚ましく、
それはそれで刺激的で興味深いワールドですが、
こういったリアルな交流も、今となっては得難い貴重な場です。
都会でも、地域のお祭りが復活したり、
ご近所コミュニケーションが見直されていると聞きます。

コミュニケーション能力の低下など、さまざまな問題が叫ばれていますが、
小さい頃から、こういう場に参加していれば、自然に身につくものではないかと・・・僭越ながら、そんなことを感じます。








posted by NshihataHL at 22:00| 北海道 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 町の風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月21日

菌が主役です

P1210400.JPG

今年もボカシ肥料づくりが始まりました。
米糠を中心に、
菜種かす、大豆かす、魚かす、鶏糞・・・などなど、
7〜8種類の有機資材に、種菌と水をいれつつ混ぜ込んでいきます。

P1210394.JPG

攪拌機「かきまぜ君」で攪拌され、取り出した資材はスコップで山にします。
色々な匂いがします。
きな粉のような、
醤油のような、
ミジンコのような、
さまざまな香りが立ち込めています。

P1240427.JPG

麻布をかけて、保温。
さて・・このあと働くのは、菌たち!
彼らが元気に働くと、50℃くらいまで温度があがり醗酵が進みます。
人間のお仕事は、寒すぎず、暑すぎず、彼らが働きやすい環境に気を使ってやるだけ。
おいしいアスパラは、こういう沢山の菌たちの働きに支えられているのです!

みんな〜あとは頼んだよ〜〜!



posted by NshihataHL at 00:00| 北海道 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ファームライフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月17日

群青色

P1170368.JPG

夕方5時ごろのハウス。
月あかりが雪に反射してぼんやりと明るい。
群青色の世界。
全国的に冷え込んでいるようで・・。
太平洋側の十勝は、晴れて、スコンと冷え込みます。
週間予報でも、-15℃前後をうろうろする日が続くようです。

右はじ、ハウスの屋根に月が反射しています。
もうすぐ満月とのこと。
今晩も月が冴えています。

posted by NshihataHL at 00:00| 北海道 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ファームライフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。